img_001 (1)
ソニーは、現行機と同様のポケットに収まる小型サイズながら、新開発24-70mmの大口径ZEISS®(ツァイス)バリオ・ゾナーT*(ティースター)レンズや、明るく見やすい収納式の高精細ファインダー OLED Tru-Finder™(トゥルーファインダー)を搭載した、サイバーショット™ 『RX100 III(マークスリー)』を発売します。

本機は、世界で初めて非球面レンズ2枚を高精度に接合することで広角・大口径化と小型化を両立させた、新開発ZEISSバリオ・ゾナーT* 24-70mm F1.8-2.8 レンズを搭載しました。合わせて大型(1.0型)の裏面照射型Exmor R®(エクスモア アール)CMOSイメージセンサー、新世代画像処理エンジンBIONZ X™(ビオンズエックス)などにより、高い解像力と優れた質感描写力を実現しました。また高精細でコントラストに優れた収納式の高精細有機ELファインダーを内蔵し、光学系にはZEISS T*コーティングを採用し、フレアや写り込みを低減したクリアな視認性を実現しました。

動画撮影では、1.0型センサーからの全画素読み出しにより解像度の高い画質を実現するとともに、従来のAVCHDに加えて、プロフェッショナル用途のXAVCを民生用途に拡張したXAVC S記録方式を、サイバーショットとして初めて採用しました。これにより、フルHD(1920×1080)60pの50Mbpsハイビットレートや、120pハイフレームレートの動画撮影に対応し、動きの多いシーンでも圧縮ノイズの少ない高精細な動画記録を実現します。

また、自分撮りに便利な180度(下方向は約45度)チルト式液晶や、動画撮影時の手ブレを大幅に軽減するインテリジェントアクティブモードを採用しました。加えて、カスタムボタンやコントロールホイールに使用頻度の高い機能を割り当てられるほか、ファンクションボタンで呼び出せる12項目を任意に設定できるなど、カメラを自分好みの設定にすることで、快適な操作が可能です。
そのほか、Wi-FiとNFC(Near Field Communication:近距離無線通信)の搭載により、簡単にモバイル機器と連携し写真や動画をワンタッチで転送できます。さらに、PlayMemories Camera Apps™(プレイメモリーズ カメラアプス)に対応しており、お好みのアプリケーションをダウンロードして、カメラの撮影機能を進化させて楽しめます。

本機は、ポケットに収まる小型サイズながら、広角・大口径レンズや収納式の高精細有機ELファインダーの搭載により、幅広い撮影に対応するオールインワンコンパクトを実現しています。ポケットサイズの高画質というコンセプトのもと、RX100シリーズの現行機「RX100」や「RX100 II」とあわせて、一眼カメラのセカンドカメラとして、また普段スマートフォンをお使いの方が手軽に本格的な撮影をできるカメラとして、最適なモデルです。続きを読む