e-Sony Shop DCMAEDA

タグ:4K

image1

ソニーストアにてKD-85X9500B 85型4K BRAVIAが販売開始いたしました。

ブラビア史上最高画質の映像体験
・あらゆる映像を高精細な4K画質で描く超解像エンジン4K X-Reality PROと色彩豊かな映像を再現するトリルミナスディスプレイに加え、つややかな輝きを実現するX-tended Dynamic Range PRO、高コントラストを実現する直下型LED部分駆動パックライトを搭載。高画質技術の粋を尽くし、ブラビア史上最高画質を実現しました。

自然でクリアな音の「ClearAudio+」。サブウーファーの追加でさらに迫力のサウンド
・ソニー独自のオーディオ技術を注ぎ込んだデジタル信号処理技術「ClearAudio+」を搭載。進化したロングダクトスピーカーとあわせてクリアで伸びのある音場をつくりだし、まるでその場にいるかのような感覚を体感できます。また、ワイヤレスサブウーファー(別売)を追加することで重低音をプラス、更なる迫力のサウンドを楽しめます。

スピーディに起動し、ダイレクトなコンテンツへアクセスを可能にする「快速設計」
・地上デジタル放送やブルーレイ、ネット動画や写真など、様々なコンテンツを快適に楽しむために。スピーディに使える高速起動に加えて、タッチ操作の直感的な操作性&新しいメニュー画面で見たいコンテンツへのダイレクトなアクセスを可能にします。続きを読む

0415_main_braviaX9500

ソニーは、4K対応液晶テレビ ブラビア™のラインアップをさらに拡大し、49V型から85V型までの3シリーズ8機種を発売します。独自の高画質技術、高音質技術の追求により、臨場感をさらに進化させるとともに、利便性を向上させる様々な新機能も搭載しました。ソニーは4K対応テレビのトップブランドとして、商品の魅力を向上させるとともに、お客様の選択肢を増やし、4K対応テレビの本格的な普及を推進してまいります。

様々な解像度の映像を美しい4K解像度に変換して楽しめる、ソニー独自の超解像エンジン「4K X-Reality® PRO」と、豊かな色彩を再現する広色域技術「トリルミナス®ディスプレイ」を全モデルに搭載。今回新たに、つややかな光の輝きを再現する高輝度新技術「X-tended Dynamic Range(エクステンディッドダイナミックレンジ)」を採用しました(X9500B、X9200B)。これにより、4Kだけにとどまらない総合的な高画質を実現しています。また、オーディオメーカーとして長年培った様々なデジタル音声信号処理技術をバランスよく組み合わせて、ソニーならではのクリアで自然な音を楽しめる「ClearAudio+™」を全機種に搭載し、画質と音質をさらに向上させることで、臨場感をさらに進化させました。
映像コンテンツの多様化を踏まえ、使いやすさや快適性を向上させる新たな取り組みを「快速設計」というキーワードで提案しています。電源オフ状態から1秒前後で起動する「高速起動」や、放送番組/ネット動画/ホームネットワーク上のブルーレイディスク™(BD)レコーダーやソニー・コンピュータエンタテインメント製のネットワークレコーダー&メディアストレージ『nasne(ナスネ)™』に録画した番組など多様な映像ソースから見たいコンテンツを簡単に探せる「番組チェック」機能を搭載。スマートフォンの様な直感的な操作が可能な「タッチパッドリモコン」により、多様な映像ソースから簡単にコンテンツを探すことができ快適な視聴が可能です。
また、HDMI 2.0準拠に加え、最新の動画圧縮規格 H.265/HEVCに対応したデコーダーを内蔵した他、セキュリティ規格のHDCP 2.2にも準拠。将来、放送やネット配信などのサービスで提供される4K信号を入力し、再生表示することができます。

画質の進化に特化したフラッグシップモデル『X9500Bシリーズ』には、より効果の高い「X-tended Dynamic Range PRO(エクステンディッドダイナミックレンジプロ)」と、「直下型LED部分駆動」バックライトを搭載し、高輝度、高コントラストを実現しました。また、昨年、高画質と「磁性流体スピーカー」など高音質でもご好評頂いた「X9200Aシリーズ」をより進化させた『X9200Bシリーズ』では、新しい本体構造「Wedge(ウェッジ)」を採用。低重心構造により、一般的な構造より小さなスタンドを使って設置の自由度を高めるとともに、くさび形の筐体内に大容量のスピーカーボックスを配置することで音質も向上させました。加えて、「磁性流体スピーカー」に新たにグラスファイバー製の振動板を採用。迫力ある低域から伸びのある明瞭な中高域まで高音質を実現し、大画面に合った迫力ある音質を実現しました。さらに、より多くのお客様にソニーの4K高画質を楽しんでいただくために、基本性能を充実させたシンプルなデザインの『X8500Bシリーズ』を、ソニーの4K対応テレビでは最小となる49V型から70V型まで発売します。
これらの幅広いラインアップ展開に加え、別売のワイヤレスサブウーファー『SWF-BR100』など、ホームシアター機器との組み合わせも提案。お客さまのお好みや設置場所の状況にあわせた臨場感あふれる4Kの視聴体験を提供し、家庭での4K対応テレビの普及を進めてまいります。続きを読む

img_001 (1)
ソニーは、現行機(『FDR-AX1』)に比べ、体積で約1/4、質量で約1/3に小型・軽量化し、手軽にフルHDの4倍高精細な4K/30p映像を撮影できるデジタル4Kビデオカメラレコーダー ハンディカム™『FDR-AX100』を発売します。
今回の『FDR-AX100』によって、4Kハンディカム™のラインアップは、4K/60pまでの撮影に対応する現行機『FDR-AX1』との2機種に拡充されます。

『FDR-AX100』は、高精細な4K映像の撮影に最適なイメージセンサー、画像処理エンジン、新開発レンズを搭載することで、見たままの質感や高精細で遠近感のある描写が可能となり、まるでその場にいるかのような没入感を体験できる、高画質な4K映像を実現します。
本機は、従来のハンディカムで採用しているCMOSイメージセンサーと比べて約4.9倍の受光面積を備えた大型で高感度な1.0型 有効約1420万画素の裏面照射型CMOSイメージセンサー Exmor R®(エクスモアアール)を搭載し、暗所でも低ノイズで高画質な撮影が可能です。
また、新世代の画像処理エンジンBIONZ X™(ビオンズエックス)の採用により、見たままの質感や高精細な描写が可能です。
さらにその高速処理能力によって、「全画素超解像ズーム」(最大24倍)や、「4K静止画出力」、そして高画質フルHD対応のAVCHD動画と、スマートフォンなどへの共有・転送に便利なMP4動画の「同時ビデオ記録」といった、これまでのビデオカメラにはない新規機能も搭載しました。
加えて、高精細な描写を実現するために新開発した最大広角29mmZEISS(ツァイス)バリオ・ゾナーT*(ティースター)レンズにより、最大12倍の光学ズームなどが可能です。さらに7枚羽根の虹彩絞りにより、レンズ交換式カメラのような美しいぼけのある映像表現が楽しめます。 さらに本機は、プロフェッショナル用に開発されたXAVC®フォーマットを民生用に拡張したXAVC Sの採用により、4K映像の長時間撮影や、動きの多い場面でも解像度の高い撮影を実現するHD映像のハイビットレート撮影(50Mbps)に対応しています。
4Kで撮影した映像は、4Kテレビでの鑑賞に加え、フルHDテレビにおいても、4K映像の膨大なデータ量をもとにフルHD映像にダウンコンバートすることで、通常のフルHD映像より情報量が多く、より高画質な映像を楽しめる「4Kサンプリング フルハイビジョン再生」を実現します。
また、4K映像からフルHD映像を任意の位置で切り出して、フルHDテレビで鑑賞するトリミング再生にも新たに対応します。
さらに本機は、ブルーレイディスクと親和性の高いAVCHDでの撮影にも対応するなど、フルHDテレビをお持ちのお客さまにもお楽しみいただけます。
続きを読む

VPL-VW1100ES
ソニーは、4K(水平4,096×垂直2,160画素)映像を投写する4Kホームシアタープロジェクター「VPL-VW500ES」「VPL-VW1100ES」の2機種を発売します。「VPL-VW500ES」は大幅な小型・軽量化を図り、また「VPL-VW1100ES」は最上位機種としてさらに高画質化しました。

両機はソニー独自の4K SXRD™(Silicon X-tal Reflective Display)パネルや、フルHD映像を高精細でリアルな4K映像に変換する「データベース型超解像処理LSI(リアリティークリエーション)」など、世界初の家庭用4Kホームシアタープロジェクター「VPL-VW1000ES」の高画質技術を搭載し、高精細な4K映像を投写します。
また、新たに4K/60p映像を伝送できるHDMIの最新規格バージョン2.0に対応したため、映画のみならずスポーツやドキュメンタリーなど動きの速いコンテンツもなめらかな映像で視聴できます。
さらにコンテンツのマスターに4K解像度の高画質映像を使用してオリジナルの4Kに迫るクオリティーの「Mastered in 4K」ブルーレイソフトを最適に表現する「Mastered in 4K」モードの搭載や、広い色再現領域を持つ「トリルミナス® ディスプレイ」への対応など最新の機能を採用し、画質性能を高めています。続きを読む

このページのトップヘ