e-Sony Shop DCMAEDA

タグ:メモリ増設

待ちに待ったVGN-BX90PSが早速届きました。注文時には2GBのメモリーが選べなかったので、BX90のメモリーを載せ替えるつもりで256MBで注文してありました。早速、先日届いたばかりのメモリーに載せ替えしてみましょう。

DSC00222
BX90PSの裏側です。S90Sと比べると給排気窓が増えたくらいしかあまり差は無さそうです。

DSC00235
さて、VGN-BX90PSに使用できるメモリーは200ピンのDDR2 533 SO-DIMMですので増設を考えている方は間違えないようにしましょう。今回は1GBの物を2枚用意して、デュアルチャンネルにします。ノートで2GBのメモリーってどれくらいの凄さなのか今からドキドキします。

DSC00231
写真の一番したのメモリーが最初から積んであった256MBのメモリーで上2つが今回載せ替える1GBのメモリーです。載っているチップ数などが全然違いますね。

image
今までに幾度となくメモリーの載せ替えを紹介させて頂いてきましたが、いつもこの瞬間は緊張します。
やることは毎回同じなんですがどうも力が入ってバキっと逝かないか心配です・・・

DSC00234
やっと2枚とも交換できました。本当にこれだけチップが載っていると威圧感がありますね。
前回の時と同じような感想になってしまうのですが、これ1枚で1GBとは本当にすごい時代になりましたね。
来年には1枚で2GBくらい出ちゃうのでしょうか?どんなパソコンになって行くんでしょうかね。

image29
システムメモリで2GBを確認できました。きちんと載せ替えが成功しているようです。メモリー量に対してちょっとCPUクロック周波数が低いのが気になっちゃいます。

image118
今回増設したメモリの詳細です。早速リカバリーを試みてみましたが、問題なくリカバリーも完了しました。耐久チェックもしてみたいと思います。

先日typeSに増設したメモリ(SMDN333-1024C)を、PCG-TR1につけてみました!!

DSC00457
ちょっとしたことがあって手に入れることになりましたPCG-TR1ですが(本当はtypeT VGN-T90Sがほしかったです。)、メモリーを256MBしか積んでないのです。これではさすがに少なすぎるので空きスロットに512MBを積んでみようかとも思いましたが、それではあまりにも普通の数値にしかなりませんのでテストを兼ねて今回は前回メモリーを増設したVGN-S90Sから1GBのメモリーを拝借して流用してみることにしました。

DSC00446
左・増設メモリ 右・純正メモリ
メモリーの交換は今までに何度もやっているので、最初は傷つけたらどうしようとか思いながら慎重に抜き差ししていましたが、ここまで来るとさすがに慣れてきてしまいなんとも思わなくなって来てしまいました。S90Sから1GBのメモリーを抜きTR1に移植するだけなのですから、難しい事は無いはずなのですが・・・やってしまいました、メモリーを認識しません。やはり1GB以上には増設できないのかと思い(カタログ上のスペック最大1GB)、最初からさしてあった256MBのメモリーを抜いて1GBだけでやってみましたがやはり動きませんでした。

DSC00434
BIOSで確認(純正+SMDN333-1024C) 1280MB

DSC00440
Memtest86で確認(純正+SMDN333-1024C) 1275MB
とりあえずメモリーを全部抜いてから256MBだけ挿してみると動き出しました、傷を付けて動かなかったわけでは無いようで安心しました、やっぱり諦められないので1GBを挿してみると、あら不思議?今度は普通に動きました。そうです、奥まできちんと挿していなかっただけなのです。カチッとなるまで挿すとか自分で言っておきながら中途半端に挿していただけのようです・・・やっちゃいましたね。

image32
Memory Readが1623MB/sです。ちなみにtypeSは2600MB/sでした。
1GBのメモリーは最初から挿してある256MBよりも処理スピードが速いので(DDR333)、淡い期待とともに、1GBだけでメモリーのベンチマークを取って見ましたが大方の予想通りに256MBのメモリーと同じ速度(DDR266)でした。やはりメモリスピードはあがりません。世の中そんなに甘くありませんね。

image113
PCG-TR1/B純正のモジュール詳細

image28
SMDN333-1024Cの詳細

今回はとりあえず借り物の1GBを増設して、最大1280MBまでメモリーを増設することが出来ました。S90Sから勝手にメモリーを拝借したのがばれてしまい、1時間ほどの動作チェックしか出来ませんでしたが動作は問題ありませんでした。予想でしかありませんが、最大は1GBの二枚挿しで2GBまではいけるでしょう?。これでどのメモリーを買うか選択の幅が広がりました。近いうちにメモリーを買いに行ってきます。

最近色々と起動していると「重くなったんじゃないか?」と思うようになってきたので、ソニースタイルモデル・VGN-S90Sのメモリを増設しようと思います。メモリはソニースタイルのTUNEで512MBを選んでいたから、カタログ上では512MB合計で1GBまでしか増設出来ないと書いてあるのだが、本やHPなどでしらべてみると855PM(チップセット)では最大2GBまで対応していると言うではないか!どうせメモリを増設するのなら1GB増設して1.5GBにしてみよう!!ソニーに挑戦だ!!!

image5
さて、VGN-S90SのメモリなのですがPC2700 Micro DIMMを使用しています。このモジュールで1GB(1024MB)の物を探すことから始めます。いろいろ調べた結果SwissbitというメーカーのSMDN333-1024Cと言うメモリを見つけました。SwissbitのHPにメモリ製品対応表がありましたの調べてみたところ、あれ?VGN-S91は最大2GBまで可能みたいなことが書いてあるではないか!S90も2GBまでやっぱりいけるのではないか?!しかし、今日の所は1.5GBで許してやることにした・・・財布の中身が寂しかったなんて事は無いですよ・・・

image1
待ちに待ったメモリが届いたのですぐさま作業に取り掛かることにしました、S90を裏返しにしてメモリの場所の蓋を外すと写真の左下にあるように最初から付いていた512MBのメモリが顔を出してくれました。写真左上の空いているスペースに先ほど届いた1GBのメモリを差し込みます。PCに新たな命を吹き込む瞬間のようで毎度の事ながら緊張してしまいますね。

image21
取り付けは簡単に出来ました、気合をこめてソケットにカチッっと斜めに差し込み横に倒すだけです。気合の入れ過ぎで壊さないようにお願いします。あまり力は要りませんので中々入らない時は一度手を休めて一呼吸入れてリラックスしましょう。う~ん、最初に付いていたメモリとは大分違いますね、これ一枚で1GBなんてなんて言う時代の到来でしょうか・・・

image3
名残惜しいですが、いつまでもメモリとにらめっこしている訳にもいかないのでこの辺でメモリにはお別れをして裏蓋を閉めてあげましょう。「きちんと動作しますように・・・」神にも祈る思いで電源を押し込む・・・その前に、きちんと1.5GBで確認されているのか確かめるべく、Windowsの立ち上がる前にBIOSで確認してみる事にしました。見事「Total Memory 1536MB」となっていました!とりあえずうまくいったようですね。チップセット855PMだから成功するのは当たり前だったのでしょうかね。

image4
Memtest86でチェック、問題はみあたりません。ちなみに増設前、増設後ともにCASは2.5-3-3-10でした。

image21
VAIO純正でついていたメモリの詳細です。

image110
今回増設したメモリの詳細です。同じ仕様のようです。一日10時間ほど立ち上げていますが現在のところまったく問題なく動作しています。増設後は大きなプログラムを起動しても増設前よりもかなり快適に動作しているような気がします。メモリの増設は自己負担でよろしくお願いします!

PCG-U1は256MBの搭載されています。すこし、動作が重いような気がします。メモリを増設すれば、少しは動作が軽快になるかな?と思い増設してみました。(オンボードが128MBがモジュールで128MB、モジュール側を交換するので256MBに交換で、合計384MBになります。なんかもったいないような気がします。)

tune4-1
PCG-U1メモリ256MBから384MBに増設

tune4-2
これがMDIM133。U1用のモジュールです。(PC133シンクロナスDRAM搭載MicroDIMM)

tune4-3
本体を裏返し、メモリ増設用のふたを開けます。ネジ1本でとまっているだけです。

tune4-4
もともとついているメモリーをはずします。ここにMDIM133を取り付けます。とても簡単です。左 純正のメモリーモジュール右 アイオーデータ MDIM133

tune4-5
裏表を確認し、斜めにしっかり差し込みます。(左の写真)そして、下に押し倒します。カチッとロックされます。

tune4-6
増設後の状態です。特に何も変わりはありません。そのまま純正の蓋を取り付けていただき、完了となります。

このページのトップヘ