待ちに待ったVGN-BX90PSが早速届きました。注文時には2GBのメモリーが選べなかったので、BX90のメモリーを載せ替えるつもりで256MBで注文してありました。早速、先日届いたばかりのメモリーに載せ替えしてみましょう。

DSC00222
BX90PSの裏側です。S90Sと比べると給排気窓が増えたくらいしかあまり差は無さそうです。

DSC00235
さて、VGN-BX90PSに使用できるメモリーは200ピンのDDR2 533 SO-DIMMですので増設を考えている方は間違えないようにしましょう。今回は1GBの物を2枚用意して、デュアルチャンネルにします。ノートで2GBのメモリーってどれくらいの凄さなのか今からドキドキします。

DSC00231
写真の一番したのメモリーが最初から積んであった256MBのメモリーで上2つが今回載せ替える1GBのメモリーです。載っているチップ数などが全然違いますね。

image
今までに幾度となくメモリーの載せ替えを紹介させて頂いてきましたが、いつもこの瞬間は緊張します。
やることは毎回同じなんですがどうも力が入ってバキっと逝かないか心配です・・・

DSC00234
やっと2枚とも交換できました。本当にこれだけチップが載っていると威圧感がありますね。
前回の時と同じような感想になってしまうのですが、これ1枚で1GBとは本当にすごい時代になりましたね。
来年には1枚で2GBくらい出ちゃうのでしょうか?どんなパソコンになって行くんでしょうかね。

image29
システムメモリで2GBを確認できました。きちんと載せ替えが成功しているようです。メモリー量に対してちょっとCPUクロック周波数が低いのが気になっちゃいます。

image118
今回増設したメモリの詳細です。早速リカバリーを試みてみましたが、問題なくリカバリーも完了しました。耐久チェックもしてみたいと思います。